読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春18きっぷで行く節約お伊勢参り(2)

いきさつ

休みの有効利用を考えた結果、旅行をすることにした。

どこへ行こうか?

だったら一生に一度はお伊勢参り

 

以後、余談。

もともとインドア派で、休日もパソコンかスマホでゲームして過ごしており、それでも特に気にすることは無かった。しかし3月にまとまった休みがあり、せっかくだから何かしようか考えた。

 

私は基本的に形の無いものにお金をかけるのが嫌いだ。形の無いものとは、交通費、宿泊費、付加価値、などといったものだ。付加価値っていうのは物の値段に上乗せされる人件費とか場代とかプレミア価格とかとういう類のもの。例えば外食では、材料費のほか光熱費、場代(家賃)、人件費、店の利益、などが上乗せされている。人件費を否定すると、流通・小売りを否定することになってしまうので全部否定しているわけではない。しかし自分で料理すれば料理する分だけの人件費は節約できる。でも自分で料理しても光熱費はかかる。そういう足し算引き算的なことを考えていき、自分が外食をする場合、料理人の人件費とその場所で食べる場代を余計に払っても食べる価値があるかないかを判断している。結果、ほとんど外食をしない。1000円前後の食べ放題と格安ファーストフード系のテイクアウトは割安感があるので結構利用する。

この生き方は息苦しく、自覚もしているのだが、デフレ時代を生き抜く知恵だと思ってそうしている。

 

そのため、形の無いものにお金をかけることである旅行などもってのほかであった。

しかし最近、年齢も重ねてきて先が短くなった分*1、収入も貯金も少ないけれども、少し贅沢してもいいかなと思うようになってきた。そんなこんなで、インドア派であった自分が外に出てみて感じたことは、なんて贅沢*2をしている人が多いことか。

 

旅行して得るものはあった。定価で電車・飛行機・ホテルを利用しての旅行などは今後も無いと思うが、青春18きっぷでの旅は今後もまた行きたいと思うし、バスツアーなどの格安旅行も参加してみたいと思う。

 

 

f:id:cla750:20160425175008j:plain

鳥羽水族館カピバラさん

 

持ち物、日程詳細、まとめ等は(3)以降につづく

*1:まだ40歳にもなっていないが

*2:付加価値にお金を払うこと、サービス娯楽に乗っかることなど。